So-net無料ブログ作成
検索選択

北陸本線2 富山 [北陸本線]

2008年9月14日快晴
直江津8:12分発538Mは信越線からの接続列車であるため
信越線の遅れの影響を受け数分遅れで発車。
しかし列車本数が少ないからか時間調整も容易なのだろうか、
その後案内もなくそんな事いつの間にか忘れてしまった程何事もなく富山到着。hoku1.jpg
たいへんお見事なモーター音でした、ありがとうございました!
隣には原色塗装復刻の475系がいてとてもラッキー。
クモハ475の真横に行き、しこたまブロワー音を楽しむ。
hoku2.jpg
今でこそたいへん興味深く見ることが出来るのだが
直流区間沿線に住んでいたことや交流、交直流鉄道沿線に親戚、知人も全くなく縁遠く身近に感じられなかった。
遠い遠い世界の、外国型鉄道を見ているような感覚に近い程度の知識で思い出や思い入れもなく見過ごしていたのだが今になってようやく目覚めた。
大人になった今、車でも鉄道でも距離的にも気持ち的にも北陸子供の頃感じたほど遠くではないという事に気づいた。
hoku3.jpg
物々しい屋上機器もとても新鮮に感じられた。
リバイバル塗装はたいへんありがたいのだが本当なら標準であった頃に出会いたかった。
hoku4.jpg
モハ474-46
裾の細いクリームラインの意味はなんだったのだろうか?
まあ、そんなこと今はどうでいい、家に帰ってゆっくり調べればいいさと。
hoku5.jpg
もう一枚。
この時点でもどう写真を撮っていいのか分からない。
帰宅後絶対後悔するだろうと考えると全部削除してもう一回撮り直したいくらい迷っている。
hoku6.jpg
やがて419系、475系とも回送列車として金沢方面へ出発していった。

まだ陽は高い、これからどうしよう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。