So-net無料ブログ作成

北陸本線3 [北陸本線]

富山駅でふと目に付いた鉄骨。
器用に折り曲げられ独特の美しいラインを形成してる。
屋根の形状に合わせたデザインなのだろうが伝統ある駅だけに
なんだか日本の伝統的な神社仏閣等の姿を連想させる。
toya1.jpg
明治時代の古いレールなのだろう。
toya2.jpg
どのような経歴を持つレールなのだろうか?
toya3.jpg
器用に曲げてある。素人目には難しそうだが建設技術においてレールを曲げる事など古くから簡単な事なのだろう。
取り壊しが始まっている。改装工事かと思ったがこのホームの向こう側で新しいホームの建設中。
そうか、北陸新幹線に合わせた工事か。
toya4.jpg
おおかた完成しているようだ。
今立っている古いホーム、構造物は近いうちに消え去ってしまうのだろう。
toya5.jpg
北陸新幹線、高架駅完了までの暫定ホームという事。
それにしてはずいぶんと立派な物。
toya6.jpg
特に行動の予定も決まらず迷っていると快速金沢行き発見。まだ午前中だし時間はいっぱいある。
金沢行ってみよう。
toya7.jpg
471系の銘盤。昭和37年製(1962)!
電車、機関車、客車、気動車等、同級生の多くがすでに引退している中、よくぞ生きていてくれた。
このぶ厚い塗膜をガリガリ削ったとすると、オリジナルのあずき色がでてくるのだろうか?などと
想像。
この車号を記録しておくの忘れた。
しかし役目を終えるまでもう秒読み段階である事は間違いない。
ありがたく乗車させてもらう。

モーターのうなりも高々に快速列車は金沢に向けて発車。
タグ:北陸本線
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。