So-net無料ブログ作成
検索選択

私の出身地は島根県 [生活]

ふとした事で出身地とは?と疑問に思い調べてみたら
出生地と違って出身地に明確な定義はないようで。
自分の人格形成に大きく影響した土地であったり現在の自分の生活や地位の基礎となった土地だったり思い入れがあったりで実質自称で構わないようで理屈や制度に縛られる事は
ないようです。

私は現在住んでいる場所で生まれ、幼少期の僅かな期間、島根県で過ごしました。
ちょうど物心つく頃で私が思い出せる最古の記憶は島根県の深い雪、広い空、
甘い風、豊かな自然、やさしい人たち・・・・そして出雲弁。

出雲弁は完全に忘れてしまいました。
話す事もできなければ聞き取る事も完全にできなくなりました。
何かのヒントで思い出すような事もなく数個の印象的な単語以外わかりません。
島根県に縁のない人と同じレベルになりました。
出生地に再び復帰してから早く標準語に馴染むよう、使わないよう
5,6才の子供ながら努力したこともありました。

でも記憶は消えません。いまだに思い出します。
所詮幼児の記憶で細切れですがそんなに遠くの記憶でなく鮮やかです。
大切な大切な記憶です。
私の人格形成の基礎となった土地、島根県。


生まれた場所であり、島根時代以外ずっと今でも住んでるこの土地も大好き。
今後もこの土地から離れる事はこれっぽっちも考えていません。
でもこれまで自分の出身地が今の場所と言い切ることができなかった。
理屈はそうだけど・・・・、と腑に落ちない部分が大いにあった。

出身地の意味が具体的にわかってちょっとすっきりしたので大いに宣言したいと思います。

私は島根県出身です。

でも実際は出生地、本籍地が公的にも通用して重要なので有名人じゃあるまいし
出身地などにこだわるのは意味ないか。

現在、免許証の住所は出生地、
本籍地は島根時代のままでこれは絶対に変えない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。